実務者研修を受けて良かったです!

私は子供の頃から祖父や祖母と接する時間が親よりも長かったせいか
お年寄りと話をしたり世話をするのが好きだったので
家族や周りの人からも介護の道を突き進んでみては?なんて言われていました。

 

本当は福祉関係の大学や専門学校に進学したかったんですが運悪く家庭の都合で
就職を余儀なくされ何の知識も学ぶ事無く老人施設で働くはめになったんです。
介護職へは興味があったものの、いざ働いてみると専門的な事に全く就いていけずで
結局は半年と介護ヘルパーとして持ちませんでした。

 

過去にそんな苦い経験があるものの30歳を半ばにして子育てが落ち着くと
1度は諦めた介護職を再開したくなるから不思議なんですよね。
でも、過去のような過ちを繰り返したくないし先に基礎的な要素を勉強してから
施設で実務経験を積もうという計画を立てる事にしました。

 

今は制度の変更で実務者研修を先に受けられる講習があるんですよ。
働きながら介護福祉士の仕事ぶりを見て学ぶのも良いかも知れませんが
私のような職場で自信が持てなタイプの人は先に実務者研修を修了しておいた方が
就職した時にも必ず役立つはずです。

 

実際に私も再就職をする前に実務者研修を受けておいて良かったと痛感しているからです。
先に専門的な心と身体の繋がりやバランスの取れた介護方法を学ぶ事により
現場で働く際には頼りにされる存在になれると思うな〜。
通信教育でというパターンもありますがやはり通学タイプの方がより身につくと思いますよ!